< 新田塚幼稚園−子育て支援センター 1歳児・2歳児
 子育て支援センター(1・2歳児クラス)の1日

1歳半から幼稚園入園前のお子さんを複数担任でお預かりします。この時期にあった遊びの中で1つのことにじっくり取り組んだり、家では経験できないような遊びも取り入れています。また、集団生活においての基本的生活習慣(あいさつをする、くつをそろえる、整理整頓をする、返事をする、目を見て話を聞くなど)を身につけ、これからの生活の土台を育てていきます。いつでもどこでも阿弥陀さまと共に「ありがとう、ごめんなさい」の心で過ごします。

1日のながれ

AM8:30
登 園
「おはようございます!」
元気な挨拶が交わされます。
  排泄・自由あそび
トイレを済ませたら、お部屋にあるいろいろなおもちゃであそびます。ブロックや洗濯バサミ、おままごと、粘土やお絵描き、子ども達の想像力を刺激するものがいっぱい。周期的に素材を変えてあそびます。

AM10:00
体 操
今日一日を元気に始めましょう!
体操や鉄棒の後は水分補給と共に、プロティーンクッキーを頂きます。

AM10:30
お参り
「阿弥陀さま、いつも見守って下さってありがとうございます」
心静かな時間を持ちます。いろいろなお話も聞かせていただきます。

AM11:00
いろいろなあそび
クレヨンやマーカー、絵の具などの絵画あそびや制作あそび。マットや跳び箱などを使っての体育あそび。楽器あそびやリトミックあそび。お散歩や水あそび、どろんこあそびなど、幅広くいろいろなあそびを楽しんでいます。

AM11:45
昼 食
みんなで一緒に食べるととってもおいしいね。
食べ終わったら絵本を読んでもらいゆっくりとした時間を過ごします。

PM1:15
降 園
今日も楽しく遊んだね。
みんなでさようなら。






 
 
 子育て支援センター日記
 

新田塚幼稚園 子育て支援センター
■学校法人華蔵学園 新田塚幼稚園

当園の母体は永平寺町藤巻(旧上志比)にある「浄土真宗 本願寺派 興行寺」です。人間の人格形成の最も大切な時期といわれる幼児期にこそ宗教教育が必要であると、昭和45年に県知事より認可を受けて設立した幼稚園です。
「親鸞聖人の生き方に学び、尊い命にめざめ、共に育ちあう」の理念のもと、仏教精神に基づき、心身ともに健やかな子どもの成長を願い、幼稚園教育に取り組んできました。卒園生は、2,600名余りに及び、幅広い分野で大きく活躍しています。


■子育て支援センター

1歳半から幼稚園入園前のお子さんを複数担任でお預かりします。この時期にあった遊びの中で1つのことにじっくり取り組んだり、家では経験できないような遊びも取り入れています。また、集団生活においての基本的生活習慣(あいさつをする、くつをそろえる、整理整頓をする、返事をする、目を見て話を聞くなど)を身につけ、これからの生活の土台を育てていきます。いつでもどこでも阿弥陀さまと共に「ありがとう、ごめんなさい」の心で過ごします。
TOPに戻る